西田鉄工株式会社西田鉄工株式会社

西田鉃工ってこんな会社What kind of company is nishida tekko

西田鉃工ってこんな会社What kind of company is Nishida Tekko

西田鉃工は、治水・利水事業の
プロとして日々研鑽を続けています!

西田鉃工ではダムや水門を始め、水の流れをコントロールするために必要な設備の開発・営業・設計・施工・メンテナンスを行っています。
治水・利水事業に関するプロ集団として、70年以上の歴史と業界トップクラスの実績を誇っています。
津波などの水害から国土や人命を守るため。水を必要とする地域や人々のため。日本の豊かな環境を維持していくため。「水の流れを握る西田鉃工」へと挑戦と成長を継続しております。

西田鉃工の魅力はココ!!

事業・商品の特徴

治水・利水事業に特化し
トップクラスの実績!!
私たちは1946年から治水・利水事業に携わってきました。
河川やダムなどのゲート設備や水を管理する設備へのゴミの漂着を防ぐための除塵設備など、水に関するさまざまな設備の設計・施工から完成後のメンテナンスまで、一貫して行っています。
公共事業を主な業務としており、みなさまの生活と安全に関わる仕事に数多く関わっているからこそ、その長年の経験の中で培ってきた、信頼とノウハウを活かして業務に取り組んでいます。
また、近年では日本国内のみならず、海外での製作や施工が増えてきました。今後は、東南アジアなどでの公共工事も増えていくでしょう。

事業優位性

遠隔制御設備の設計・施工は
国内でNO.1
日本は海に囲まれ河川も降雨量も多く、豊かな水資源に恵まれた国です。古くから資源やエネルギーとして水と共に暮らしてきました。その一方で、ひとたび台風や地震などが起きれば、洪水や津波などの数多くの水害に襲われてきました。私たちには世界からこれらの水害をなくすという大きな使命があります。安全を徹底し河川やダムのゲート設備や防波堤作りを行うことはもちろん、インターネットを利用した防災設備の実績もあり、より多くの被害を未然に防ぐことに貢献しています。
水を利用する、水を管理するだけでなくその先にある、水と人との調和を目指しこれからも事業に取り組んでいきます。

社風・風土

人材教育は、社会インフラに
携わる企業としての責任。
私たちはこれまで、人材教育に力を注いできました。だからこそ今日に至るまでの成長を実現することができたと感じています。
当社では一人前になるまでにおよそ十年はかかると言われています。最初はできないことを大前提として、さまざまな研修制度を受けてもらいながら、先輩社員と一緒になって仕事を覚えていきます。こうした人材教育の根幹には社会インフラに携わる企業として、人々の暮らしと命を守る水門やダムに万が一にも欠陥があってはいけないと考えているからです。水害を無くすという使命を全員で共有し、誇りとプライドのある仕事を目指しています。

西田鉃工に関するより詳しい情報は下記パンフレットに記載されております。
※画像をクリックするとPDFにて閲覧できます。

【紹介動画】

資格取得一覧

  • 土木施工管理技士 1級98名
  • 土木施工管理技士 2級12名
  • 電気工事施工管理技士 1級17名
  • 電気工事施工管理技士 2級12名
  • 技術士7名
  • 技術士補5名
  • 建設業経理士 1級1名
  • 建設業経理士 2級9名

先輩社員の声

生産本部 工事グループ
東海大学 電気電子情報工学科

島村 豊揮

「距離感の近い」職場で、とにかく会社の雰囲気が良いんですよ!

会社との出会い

入社の決め手になったポイントや出来事はありますか?
熊本地震をきっかけに、人の命や財産も守る仕事がしたいと思うようになりました。
そんな職業は何かと考えたときに「インフラ」関係が一番に頭に浮かびました。
採用面接のときの雰囲気はどうでしたか?
皆さんすごく明るく、ざっくばらんに会社の説明をして下さり、親近感が沸く雰囲気でした。
他社の面接と比べて、趣味の話や雑談なども交えながら、距離感が近い面接でした。
入社前の不安はありましたか?
水門やダムなど知識が全くないところからのスタートなので、仕事を覚えられるか不安でした。
そんな中で先輩社員や現場の人たちと、上手く接することができるかも不安の一つでした。
入社する前と、した後でイメージは変わりましたか?
イメージは実際には変わらず、面接のときに感じた、「距離感の近い」職場で、初めての仕事や悩んだりした時も、色んな先輩社員が積極的に話掛けて下さり、不安に感じていた部分がすぐに払拭されました。

業務内容について

今のお仕事で面白い部分を教えて下さい。
水門ってニッチな分野だとは思うのですが、分かんない部分が沢山あるんですよね。
もう分からない事が分からないみたいな(笑)
でも、徐々に分からない部分が分かるようになってくるんですよね。
そうなると、これって何のためのものなんだろう?とか知識欲が出てくるので、わからない部分が出れば面白いという、矛盾してるのですが、そこが非常に面白いですね。
挑戦したいことはありますか?
やっぱり資格ですね!(即答)
2級土木施工管理技士を取りたいです。
やっぱり資格が無いと、作業や指示も制限されるので、会社の為もそうですし、自分の能力向上の為にも色々な資格を取得したいです。しかも、西田鉃工って、資格を持っている先輩が凄いアドバイスしてくれるんですよね。
あと取得する資格によって、報奨金が出ます!(笑)
モチベーションも上がって一石二鳥ですね!

プライベートについて

あなたのリフレッシュ方法はありますか?
友達とお酒を飲みます!
ストレスが溜まってもその日はその日と考えて、次の日に持ち越すことはあまり無いですね。
でも身体が疲れている時なんかは、お風呂にゆっくり入るだけでもかなりリフレッシュできますね。まぁ一番はやっぱりお酒ですね(笑)
将来の夢や目標はありますか?
今の目標は、「自分の現場を持つ」ことです。
規模が大きければ大きいほど、人の生活や命を守る事が出来るので、私がこの会社に入った時から変わらない気持ちを具現化して、社会の役に立つと同時に自身のスキルアップにも繋げていきたいです。

最後に・・・

今後入社する方へアドバイスを下さい!
車の運転一つにとってもそうですが、社会人になるとどうしても「責任」という言葉が付いてきます。
その責任とどう向き合うかで、学生の時と見える世界は変わってくると思います。
また、入社してすぐは緊張や不安でいっぱいになることもありますが、西田鉃工は本当に先輩社員との距離が近く、
なんでも相談に乗ってくれます。
わからない事はバンバン聞いて、スキルアップとコミュニケーションが取れれば、どんな仕事でも楽しくなりますよ。

生産本部 技術部 設計グループ
九州産業大学 工学部
バイオロボティクス学科

松山 亨

「西田鉃工で働いている人達」がスゴイ!

会社との出会い

西田鉃工を知ったキッカケ
企業合同説明会に参加して、その時にブースを見かけたのがキッカケですね。
当時は何の会社かとかは、まったく知りませんでした。(小声)
入社の決め手になったポイントや出来事はありますか?
就職をしている中で、理系の設計職に付きたいと思っていました。
その中で、自動車だったり、携帯電話の部品だったりを作っている企業さんが多くて、正直どの企業さんも一緒に思っちゃったんですよね(笑)
そんな中「西田鉃工」という会社を知って、水門!ダム!といった自分の頭の中に全くなかった分野が飛び込んできました。
想像していなかった分、余計に興味が沸いて面接を受けてみようと思いました。
面接のときの雰囲気はどうでしたか?
えーーーっと・・・・・
ほとんど覚えてないですね(笑)
緊張していたということもありますが、その緊張を全部吹き飛ばしてくれるかのように、よくある「志望動機」や「学生の頃に力を入れていたこと」の質問より、趣味は?とか、西田鉃工ってこんなところが凄いんだよって説明してくれる時間が長くて。
良い意味で人との壁が低いという印象でした。
西田鉃工のここがスゴイ!を教えてください。
西田鉃工のここがスゴイというより、私は「西田鉃工で働いている人達」がスゴイ!という印象が強いです。
あっ、自画自賛しているわけではないですよ?(笑)
様々な部署・グループがあるのですが、先輩方は皆さん凄い知識量と仕事に対しての熱量が高いんですよ。
人材教育に力をいれている会社ならではなのかなぁと思います。
資格をとろうとしたときには、すでにその資格を取得されている先輩が丁寧にアドバイスを下さったりと、大切にされているのを感じますね。

プライベートについて

あなたのリフレッシュ方法はありますか?
温泉とかは良いリフレッシュになりますね。
結構ストレスだったり、疲れがたまったりすると、一人でフラ~っと温泉に行ってます。
昼に行くので、身体がポカポカするので、めちゃくちゃ眠くなっちゃうんですよね。(笑)
せっかくの休みなんですけど、そのまま昼寝しちゃったりするときもありますが、贅沢な時間の使い方をしたせいか、次の日は気持ちがリセットされて、調子が良いんですよね。
将来の夢や目標はありますか?
兎にも角にも、知識を深めることが一番の目標ですね。
ゴールが見えない目標ではありますが、ダムや水門の事は決して浅いものではなくて、知識のみではできる仕事も限られていて、そこに経験が加わるからこそ、良い仕事ができると思っています。
あ、一番の目標が二つになりましたね(笑)
ひたすら知識を深めることと、経験を積むこと。
これが今の目標であり、私の成長方法です。

最後に・・・

今後入社する方へアドバイスを下さい!
ダムや水門と聞くと、結構とっつきにくい業種だとは思うんです。
でも電気やガスなんかと同様に、生活や防災には必ず必要なものです。これらが作られ管理されているからこそ
私たちは安心して生活できるものだと思っています。
最初は分からない事が多いかとは思いますが、一緒に知識と経験を経て会社と一緒に成長していきましょう。
採用情報はこちら≫